スプリンターでスプリント! web版

わちゃわちゃな日々の記録です。

オーブンのクセを知る5つのポイント【パン作り】


f:id:Sanhachi:20180508141455j:image

こんにちは!38_さんはちです。

パン作りにおける最大の山場、それはパンをオーブンに入れて焼く瞬間。

 

生地をだいじ~にだいじ~に扱って、

発酵具合もベストな状態にして、

やっと「焼き」までたどり着いたのに、

焼成でミスったら全ての努力が水の泡!!

 

な、なのに…

どんなレシピ本を見ても、

たくさんのwebレシピを見ても、

ご自宅のオーブンのクセをつかみましょう

の文字!!!

 

いや、クセって言われてもさーーー!!!

 

 

(ゴ、ゴホン。)

 

オーブンのクセってアバウトな言い方されても、「いや、よく分からん」って方は必見です!

私なりにオーブンと向き合って、なんとなくクセ?のようなものをつかみました。

 

次の5つのポイントさえ把握しておけば、

生焼けになったり、焼きムラができたり、腰折れしない…

おいしいパンができあがる!!!…かもしれない!!

 

 

 

オーブンのクセを知る5つのポイントはこれだ!

f:id:Sanhachi:20180508150854j:image

①オーブンの最高温度は何度か

特にハード系のパンを焼く場合、250℃とかの(場合によっては300℃とか)高温が必要になります。

ご自宅のオーブン、温度は何度まで上がりますか?

2回、3回と複数に分けてパンを焼く場合でも、その高温は維持されますか?

うちのオーブンは、庫内が250℃という高温になったら、冷めるまで200℃以上にならない設計になってます。

(…そんな設計いる~~~!?)

 

オーブンが高温になったとき、どんな状態が維持されるのか

一度、取り扱い説明書で確認してみるのもいいかも。

 

②予熱完了までの時間は◯分か

f:id:Sanhachi:20180508151116j:image

 

二次発酵のタイミングを見極め、一番いい状態で焼成へ入るには、オーブンの予熱にかかる時間を把握しておくと助かります。

 

生地的には「いざ出陣!」ってなってるのに、

オーブン予熱まだぁ!!!?とかなって何度も慌てたのは私です。

夏場なんて10分もあれば、パン生地はむくむく成長しちゃうので、

だいたいの予熱時間を知っておきましょう。

 

③庫内の温度は設定温度になっているか

実際に200℃で予熱しても、その温度に達していないとか、高くなってる、とかいうのは結構あるようです。

オーブン用の温度計があれば、全て解決☆

…されるんだろうか。。。

↓こんな便利なものもあるみたい。

 

タニタ オーブン用温度計 オーブンサーモ 5493

タニタ オーブン用温度計 オーブンサーモ 5493

 

 

予熱設定温度より低い場合、次からは少し高めの温度で予熱してみるといいです。

その逆もしかり。

 

④パンの頭~天井までの高さはどのくらいか

f:id:Sanhachi:20180508151205j:image

上部に熱源がついているオーブンの場合、

熱源とパン生地が近くなり、パンが焦げる!!ということが起こったりします。

そんな時にはアルミホイルを途中で差し込めばokです。

天井とパンが「近いな。」と思ったら、

焼成時間残り5分くらいから、アルミホイルを持ってオーブンの前で待機しましょう。

 
f:id:Sanhachi:20180508154243j:image

↑これはうちのオーブン。

食パン型の上部と熱源が近いので、最初からアルミホイルを被せて焼いています。

 

⑤焼きムラはどこにできるか


f:id:Sanhachi:20180508154833j:image

オーブンによっては

奥の方がよく焼ける、

右側がよく焼ける、

というように、均一な焼き上がりにならないこともあります。

だけども、

火の通りがいい部分、悪い部分を知っておけば、

焼成途中で天板の左右を逆にする

2枚の天板で焼いているなら、上下を入れ替える。

など、焼きムラをフォローできます!


f:id:Sanhachi:20180508154315j:image

私は食パン型(正方形型のやつ)

の右側に「右前」「右奥」とマジックで記入し、

記入した通りの場所(オーブン内)に入れ、どこに焼きムラができるのかを調べました。

ちなみに、左側面の焼き色が薄かったことが判明。

→焼き時間残り10分の時点で、パン型を180℃回転させる方法で焼きムラを解消。

ここまできたら、もう執念でしたw

 

 

 さいごに


f:id:Sanhachi:20180508152414j:image

パンの出来を左右するのはズバリ、焼成です!

5つのポイントを押さえて、焼きムラ、腰折れコゲコゲにおさらば!

オーブンを味方につけて楽しい手作りパンライフを送りましょう☆

 

 

P.S.

オーブンを開け閉めする際は、やけどにくれぐれも注意してね!!!

慌ててケガでもしたら、楽しいパン作り♪どころじゃなくなっちゃうから!

 

 

あわわっ、向こうで子どもが泣いてるよ!

 

 またねっ