スプリンターでスプリント! web版

元気・まっすぐ・ポンコツな2児の母が、わちゃわちゃな日々を記録します。育児やらパン作りやらマイブームやら。

合格者に聞いた!教員採用試験前の不安・焦り・イライラとどう向き合う?

もうすぐ7月。教員採用試験まであとわずかとなりました。

試験が差し迫る中で、思うように勉強ができない!!と、不安や焦り、イライラを感じることが多くなっていませんか?

私の主人は採用試験に5度目で合格しました。

その当時に、余計なストレスをためないよう心がけていたことを3つ紹介したいと思います。

 

みんな同じ心理状態であると認識する。

f:id:Sanhachi:20180628170358j:plain

試験直前になると、プレッシャーやストレスが今まで以上に大きくなります。

勉強時間が確保できない

思うように点数が伸びない

とにかく忙しくて集中できない。

と、不安・焦り・イライラの原因を挙げるとキリがありません。

 

だけどそれはみんな同じ。

自分が感じるストレスは、誰もが感じている。

こう考えると、なんだか少し気持ちが楽になりませんか?

 

勉強時間の確保が難しい、試験に集中できない、点数がなかなか伸びないと感じるなど、

講師の仕事をしていれば、誰もがこんな心理態状の中過ごしているはず。

 

だから大丈夫。ここからが勝負だ!!

と、半ば強引に、自分に言い聞かせる。

(こういうの結構大事)

 

試験直前にストレスを抱えることは自然なこと。

まずは自分の気持ちを落ち着かせ、それ以上のストレスをためないようにしていました。

 

とにかく勉強する!

余計なことを考えないよう、時間さえあれば勉強する。

立ち止まらず・振り返らず・他人は気にせず、勉強のみに集中する!

講師をしながら勉強時間を確保する方法も書いてます。)

 

直前期におすすめな勉強方法はこの2つ

・苦手分野を潰していく。

・アウトプットを心がける。

 

苦手なところで点が取れるようになると、自信につながります。

f:id:Sanhachi:20180628170506p:plain

さらに、職場で勉強仲間を作り、アウトプットを中心とした勉強へシフト!

(空き時間に勉強すれば、時間の有効活用になる)

机に向かって問題を解くだけが勉強ではありません。

教員採用試験で問われそうな問題を、同僚と出し合いましょう。

「学校教育法第11条は?」

「インクルーシブ教育システムとは?」

「フロイト・ビアジェ・エリクソンの発達段階理論の特徴とは?」

 

この時、単語で回答するのではなく説明する形で答えると!

こうすることで自分が学んだことへの理解が深まる&印象に残るので覚えやすい

しかも、アウトプット方式なら面接の練習にもなります。

 

なお、職場(学校)で勉強することによって、協力者が出てくる可能性あり!

管理職から「面接の練習しよう」と声がかかった場合は、ぜひ練習してもらってください。場数をこなしていきましょう!

 

プラスの言葉でモチベーションup!

f:id:Sanhachi:20180628170806j:plain

自分で自分を励ますのもよし。他人に励ましてもらうのもよし!

やる気の出る言葉を浴びて、不安やストレスを吹き飛ばそう。

 

・仕事が多忙にもかかわらず、更に勉強(しかも範囲が超広い)できるなんて、それだけでも尊い。

・あなたの力を必要とする子ども・保護者・同僚・上司が必ずいる!

・ってゆうか、あなたが不合格とか、教育委員会見る目なくない!?

・あなたが正教諭でない時点で、教育におけるロスが発生してるわ~。

・これだけやってるんだから、絶対合格するよ!!!

 (これ↑は私がよく口にしていた言葉)

 

大それた言葉でいい。

モチベーションを上げて、試験に負けないメンタルをつくるのです!

 

大切なのは、後まで絶対にあきらめないこと!

f:id:Sanhachi:20180620205554j:plain

・勉強する時間がないのはみんな同じ

・不安や焦りやイライラもみんな感じている

・モチベーションを上げて、効率よく勉強しよう

 

大丈夫。試験まで、まだ時間はあります。

最後まであきらめなければ何か起こるかもしれません。

(実際、主人は直前模試でE判定だったにも関わらず、合格した。。。)

 

自分の気持ちをプラスの方向へコントロールして、採用試験に挑みましょう。

応援しています!

 

このブログの教員採用試験についてのまとめページもあります。

 

あわわ、背中で赤子が泣いてるわ!

 

またねっ