スプリンターでスプリント! web版

わちゃわちゃな日々の記録です。

教員採用試験の合格に向けて!年度末の今、すべきこと!


f:id:Sanhachi:20180413153926j:plain

 
 
こんにちは!38_さんはちです。
 
 
早いもので、あと2日で3月も終わります。平成29年度もあと2日でおしまいです。
 
4日後からは新年度のスタート。
 
 
 
この記事では、この夏におこなわれる
教員採用試験にむけて、
年度末の今、すべきことを書いています。
 
 
この夏、
教員採用試験を受験される方に、
 
いや、
 
採用試験を合格される予定の方へ。
 
 
私の知識が少しでも役に立てばと思い、
 
筆をとりました。
 
 

f:id:Sanhachi:20180413154653p:plain

 
試験日を7/14(土)だと仮定したら、
今日を含めてあと107日。
(3/29日現在)
 
 
合格へのカウントダウンはもう始まってます!
 
 
 
来年の今、
初任校への期待や不安を
笑顔で語る自分に会うためにも。
 
 
 
 
全力疾走(スプリント)しましょう!!
 
 
 
 

年度末の今だから、すべきこと


f:id:Sanhachi:20180413154143p:plain

 
 
教採の願書を作成せよ!!!
 
 
 
 
今年度(最低でも春休み)中に、
 
教員採用試験に必要となる
 
願書やら何やら
 
書類一式を作成しておきましょう。
 
 
 
ここでいう書類とは、
 
教員採用試験の一次、二次試験に必要になってくる全ての書類です。
(履歴書、自己推薦書、自己PR書など)
 
各都道府県によって呼び方は違うと思いますが、
とにかく
教育委員会に提出する全ての書類です。
 
 
昨年の夏に配布された採用試験の様式で構わないので、必要な書類に全て記入し、
仮の願書を完成させておきましょう!
 
 
 
この早めの準備が、
自分を助けることになります。
 
 
 
 

教員採用試験までのスケジュール

 

f:id:Sanhachi:20180329141142j:image
 
時事通信出版局 教員採用試験対策サイト  
 
より引用
 
 
だいたいの都道府県が、上記のような手順で教員採用試験を実施しています。
 
 
各都道府県によってばらつきはありますが、わたしの住んでいる九州地方では、
 
 
願書の受付は5月の中旬から
 
 
となっているところが多いです。
 
このあたりは受験する都道府県の教育委員会HPでよく確認してください
 
 
 
今は3月末。
 
まだ願書の提出まで約1ヶ月半ある。
 
 
 
 
 
と思ったあなた!!!!
 
 
4月の学校現場は、バタバタです!
 
 
一瞬で消えます!!!
 


 
 
1月は行く
2月は逃げる
3月は去る
 
という話は有名ですよね。
3学期はあっという間に過ぎていきます。
 
そして、迎えた4月。
 
 
4月は、
 
 
死にそう。
 
 
…いや、死ぬ!
 
 
 
 
4月、めちゃめちゃ忙しいです。
 

f:id:Sanhachi:20180413154324p:plain

 
新年度・新学期のスタートなので、
 
離任着任などで人の入れ替わりがあり、
新しい仕事を任されたり、
会議やらも多く、授業も変則的、
こども達はクラス替えなどで浮き足立っている、
…そもそも、新入生がいる。
 
 
 
 
4月から
勤務先が変更になる臨時的任用の方もいる。
 
教育実習の準備が本格化するのも4月から。
 
 
 
4月は
バタバタしてるうちに過ぎ去ります。
 
 
 
 
ようやく学校全体が軌道に乗り、
平常運転し始めるのがGW明け、だとしたら…???
 
 
 
 
そう!
 
5月中旬からは
 
 
願書の受付が始まるんです!!!
 
 
 
 
 
かくいう私も、
採用試験の要項が発表されてから、慌てて願書を作成していました。
(追い込まれないとやらないタイプ)
 
 
忙しく仕事をして、
疲れて家に帰る。
自分のことは後回しになり…
おのずと、勉強時間が減っていく…
 

f:id:Sanhachi:20180413154252p:plain

 
 
しかも、願書の作成に時間がかかり、
勉強する時間が取れない。
 
なんだか、焦りだけはつのる…
 

f:id:Sanhachi:20180413154252p:plain

 
 
 
 
…ここまで読んでくださったあなたなら、
もうお分かりだと思います。
 
 
 
少しでも余裕のある、今のうちに
願書を完成させておきましょう。
 
 
 
 
 

早く仕上げるメリットとデメリット

 

〈メリット〉

  1. 願書作成という、面倒なことが終わっているので、採用試験の勉強に集中できる
  2. 志望動機や自己PRを練り込むことで、教員になりたい気持ちが確固たるものになり、勉強に対するモチベーションがアップする!
  3. 既に願書ができあがっているので、気持ちに余裕がある!
 
 
 

〈デメリット〉

  1. 願書の様式が変更になる可能性も、捨てきれない。
  2. 志望動機などが、うまくまとまらないことでイライラし…逆に勉強に集中できなくなる。
  3. 2回も書くなんてめんどくさい。
 

 

 
 
 
実際、
願書の作成には
かなり時間がかかります。
 
1日2日で終わればいい方です。
 
わたしは一週間とかかかっていました。
 
 
志望動機や自己PRなど、一筋縄ではいかない書類がたくさんあります。
 
しかも、手書きの場合は、間違えると最初からやり直し。
 
 
私は、まとまった時間のとれる日に、気合いを入れて書いていました。
細心の注意を払いながら、慎重に。
 
 
 
願書をかくのも、かなり疲れます。
 
 
だからこそ、
時間と気持ちに余裕がある、
今から願書作成にとりかかるのがベストです!
 
 
 
 
 

今から願書を作る方法

 
 
f:id:Sanhachi:20180329143826j:image
 
  1. 受験する都道府県の教育委員会HPにアクセスする
  2. 今年の夏に実施された教員採用試験の要項・願書等をダウンロードし、印刷
  3. (過去の試験で使われた)実際の願書等に必要事項を記入し、自分のテンプレートを作っておく!
 
この3ステップのみです!
 
 
 
ここまで済ませておけば、
あとは正式な試験の要項が配布された時、
書き写すだけ。
※書き写し間違いのないように気をつけて
 
 
 
 

まとめ


f:id:Sanhachi:20180413153926j:plain

 
教員採用試験を受ける方にとって、願書の作成はひとつの大きな山です。
 
4月になると仕事が忙しく、自分のことは後回しになりがち。
 
だからこそ、
新年度がスタートする前に願書を完成させましょう。
 
 
 
願書のテンプレートさえできれば、あとは勉強に集中するだけです!
 
 
 
早めの準備が
これから先の自分を助けることになります!
 
 
どうぞ今年の夏の合格に向けて、
突き進んで下さい!
 
 
 
先生方のこと、応援しています!

f:id:Sanhachi:20180413152615j:plain

 
 
 
 
あわわ、背中で赤子がないてるよ!
 
 
またねっ