スプリンターでスプリント! web版

元気・まっすぐ・ポンコツな2児の母が、わちゃわちゃな日々を記録します。育児やらパン作りやらマイブームやら。

しっとりもちもち、湯だね角食パンの作り方【ホームベーカリー使用】


f:id:Sanhachi:20180327160906j:image
それは、2017年の夏でしたー
 
 
乃が美の高級「生」食パンにはまり、
 
おいしい食パンについてネットでさんざん調べ倒し、
 
食パンを作り続けること1ヶ月半
 
 
何度もトライ&エラーを繰り返し…
 
 
遂に完成した自分至上最高の食パン。
(2018年3月末現在)
 
 
ここに記す。
 
38_さんはちでした。
 
 
 
 
ってことで、この記事では
湯だね角食パンの作り方について書いています。
 
興味がおありの方は、ぜひよんでみて下さい!
そして時間があったら作ってみて下さい!
よろしくお願いします!!!!
 
 
 

湯だねって、なんだね?

 
湯種(ゆだね)は、小麦粉を熱湯でこねて、小麦粉中の澱粉糊化させたもので、「湯種パンの素」ともいう。それをもとにパンを作る製法が「湯種製パン法」で、作られたパンが「湯種パン」という。湯種パンの特徴はもっちりした食感で、独特のうまみがあり、老化が遅くて、美味しい状態が長い。
 
Wikipediaより引用
 
 
そう!
小麦粉を熱湯でぐるぐるするだけで、湯だねができちゃうんです!
 
 
その湯だねを
パンの材料と混ぜてぐるぐるすればー
 
あら不思議♪
 
おいしい食パンができちゃうんです!
 
 
 
ってことで!

湯だね角食パンの作り方!

 

 
 

材料

〈湯だね〉
・強力粉  40g
・砂糖        5g
・塩            3.5g
・熱湯      80g
 
〈本ごね〉
・強力粉   210g
・砂糖            8g
・はちみつ  10g
・スキムミルク      20g
・水            140g
・バター      20g
・イースト    2g
 
 
 
 
作り方
 
(前日)〈湯だね〉をつくる
1.ボールに強力粉・砂糖・塩湯を入れ、全体が混ざるようにスプーンでよく混ぜる。
 
 
2.熱湯を入れ、スプーンで素早く混ぜる。※あっついから、やけどに注意
 
 
3.全体がよく混ざったら、軽くひとまとまりにする。あら熱がとれたらラップをして一晩冷蔵庫(野菜室)へ

f:id:Sanhachi:20180327160118j:image
 
 
 
(当日)湯だね角食パンをつくる
1.湯だねを冷蔵庫から取り出し、常温に戻す
 
 
2.〈本ごね〉の材料をホームベーカリーのパンケースの中に入れる。
さらに〈湯だね〉をスプーンで細かくすくいながらパンケースの中に入れる。
ホームベーカリーにイースト専用投入口がある場合は、イーストはそこに。
 
私が使ったホームベーカリーはイースト専用のケースがあるので、そこにイーストを入れています。

f:id:Sanhachi:20180327160155j:image
 
 
3.ホームベーカリーのスイッチON
 生地コースで一次発酵まですませる。
※うちのホームベーカリーは
ねり20分、発酵40分で生地ができる
 
 
4.生地を取り出し、全体を軽く押さえてパンチ(ガス抜き)をする。
※生地がめちゃべたつくので、打ち粉しながら
 
f:id:Sanhachi:20180327160233j:image
 
 
 
5.軽く丸めてバットにいれ、一次発酵の続き。
電子レンジの発酵機能で30℃、30分~40分
↓こんな感じに1.5倍強ふくらむ 
 
f:id:Sanhachi:20180327160324j:image

 
 
 
6.打ち粉をつけた人差し指を生地に差し込み(第2関節くらいまで)、ゆっくりと引き抜く。←フィンガーテスト
穴の跡がそのまま残れば発酵完了
 
 
 
7.生地の重さが同じになるよう、2等分し丸める。
※生地のつるんとした面が表になるように
 
この写真は多めの量でやってます。

f:id:Sanhachi:20180327160441j:image
 
 
8.ベンチタイム(20分~30分)
丸めた生地がゆるむのを待つ
この間に、食パン型へバター(マーガリン、ショートニングでも可)を塗っておく。
 
f:id:Sanhachi:20180327160531j:image
 
 
9.成形する
めん棒を転がしながら全体を平らにする。三つ折りにして、ころころと丸め、とじ目をしっかり閉じる。
2つの俵を型につめる
 
f:id:Sanhachi:20180327160601j:image
 
 
 
 
10.電子レンジで二次発酵。35℃ 30分~40分程度
生地が食パン型の8割程度まで膨らんだらオーブンの余熱スタート(200℃)
 
※うちのオーブンは200℃の余熱に10分かかる。余熱が完了する時点までが二次発酵なので、最終的な発酵時間は上記の時間+10分
 
f:id:Sanhachi:20180327160702j:image
 
 
 
11.焼成。200℃で30分
※オーブンの天井とパン型のふたが近い場合は、角食パンの上の部分が焦げてしまう。それを防ぐために、アルミホイルをかける

f:id:Sanhachi:20180327160747j:image
 
 
12.焼きあがったらパン型を高さ15センチほどの場所から落とし、余分な蒸気を逃がす。その後丁寧に中身を取り出し、クーラーの上で冷ます
 
f:id:Sanhachi:20180327160804j:image
 あ、頭へこんでる、、、
 
 
 
13.冷めたらビニール袋に入れて保存
 
 
 

ちなみに

もう少しリッチな配合で食べたい時は、生クリームを投入します!
そんな時の配合はこれ↓
 
 
湯だね角食パン リッチver.
 
材料
〈湯だね〉
・強力粉  40g
・砂糖        5g
・塩            3.5g
・熱湯      80g
 
〈本ごね〉
・強力粉   210g
・砂糖            8g
・はちみつ  10g
・生クリーム      40g
・牛乳          80g
・水              20g
・バター      20g
・イースト    2g
 
 
 
リッチver.の方が油分が多いため、まとまりやすいです。
 
そして、原価かなり割高☆
 
f:id:Sanhachi:20180327161010j:image
 
 
 

最後に

 
写真、足りない&センスもない!!!
本当にすみません!
 

 
ちなみに、
このパンを手ごねしたら、こねるのに1時間近くかかりまし
 
何度も心が折れました。
 
 
ホームベーカリーの使用を強くオススメします!
 
 
f:id:Sanhachi:20180327161105j:image
 
湯だね食パンは、しっとり、もちもちでめっちゃおいしいです!
 
ぜひ一度、作ってみて下さい♪
 
 
 
このしっとり感になれてしまうと、市販のパンがパサパサに感じる程。
 
しっとりっていうか、
もうこれ、濡れてるんじゃない!?
的な!
 
なんせ加水88%
 
 
 
 
だが、この世の中には
 
加水90%の超うま食パンが
 
まだ存在するのであった…
 
 
 
続く。
 
 
オーブンと仲良くなりたい方へ
 
 
 
あわわ、向こうで赤子がないてるよ!
 
またねっ